2015年12月20日

Kaoru OWL-2

ギター友繋がりでご紹介頂いて、晴れて嫁いできたNew Comer です。
名前だけは聞いてましたが、滅多に出ないし、お高い!と聞いてたので、これまで考えもしてませんでしたが、友達の輪の広がりのお蔭です。

見たときの第一印象は、独特のデザインだなぁ〜
平たく言うと、変なデザイン(笑)

ですが、音を聴いた瞬間に、ほぼ心は決まったも同然でした。
紹介者の保有する、某有名ギター2本と併せて、弾き比べもして頂きましたが、甲乙告げ難し! と感じた逸品です。

基音はしっかりとしているが、その上に倍音成分が綺麗に邪魔をせずにのっかてるって感じです。
今所有しているギターのどれとも違うし、これまでに味わったことのないサウンドです。

Kaoru “OWL-2” CW
Top: Sitka Spruce
Back & Sides: Indian Rosewood
Neck: Mahogany
Fingerboard: Ebony
Bridge: Ebony
Binding: Ebony
Pickguard: Curly Sycamore
Machines heads: Waverly#4072 (Black Pearl Knobs)

Kaoru OWL2-CW_001.jpg

Kaoru OWL2-CW_003.jpg

Kaoru OWL2-CW_002.jpg

ということで、手持ちギターの里親募集中です。
順番が逆ですが、これが我が正道です(笑)




posted by Aldonet at 20:38| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

親爺の工作

アラカン親爺が、何を血迷ったか、人生初のはんだ付けに挑戦!

これまで、ギター用のシールドとかパッチケーブルは、購入するか、ギタ友に製作して貰って、自分では一切タッチしてこなかった。
まっ、やろうとも思ってなかったし、出来るとも思ってなかったのだが.......

そんな親爺が、何を血迷ったか、はんだセットを購入した。
IMG_3740.JPG

ピックアップに、SunriseのS-2を使ってるのだが、ヤフオクでGETしたものは、通常仕様のミニプラグ接続で、ギター側の端子はRCAプラグ。
横着モノの親爺は、変換プラグで凌ごうとAmazonで購入したが、それが接続不良で使えない。
別の変換プラグの購入も考えたが、この際、はんだ付けを自分でしてみよか! と思ってしまったのだ。

工作名人の仙台のギタ友にアドバイスを乞い、そして、You tubeではんだ付け関連のビデオを見て、取敢えずの流れは理解出来たので、初挑戦に臨んだ。

ゆっくりと、やってみたけど、意外と溶け始めるとずずずずっと溶けるので、数秒で終了したが、俗に言うてんこ盛り状態。
IMG_3741.JPG

取敢えず、通電チェックしたところOK! まっ、初めてやからこれでええやろ! として完了^o^
当然ながら、外観からは全く問題見えず、完璧!(笑)
IMG_3742.JPG

ギターにセットして、ミニプラグ→RCAピンへの変換(はんだ付け)初体験は終了。
IMG_3744.JPG

次の機会は不明だが、自分でちょこっと修理出来るのは、外部に修理依頼せずに済むので、時間的にも費用的にも意外と助かるもんだと分かった。
posted by Aldonet at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

Skysonic PRO-1

噂のPick up Skysonic PRO-1のお披露目w

これが PRO-1。マグ+マイク+ピエゾコンタクト の1粒で3つの味!なやつw
IMG_3668.JPG

マグの裏側(各種コネクター)と貼り付けピエゾ
IMG_3669.JPG

装着前に接続してチェック!マグ以外の音は大丈夫!
IMG_3670.JPG

T-903装着のJosefeen嬢
IMG_3658.JPG

取り外して、すっきり!
IMG_3659.JPG

ピエゾは、ブリッジプレートに張り付けるが、ブリッジピンの前後のスペース確認。
Josefeenは、ピンの前部で貼り付けスペース確保出来そうだw
IMG_3662.JPG

貼り付け完了!
IMG_3676.JPG

エンドピンジャックを取り付けて、マグに配線取付するが、メインコードが正直、長過ぎ^o^
10-15cm程度短くても十分な気がするが、長は短を兼ねる! のようだ(ピンボケ失礼)
IMG_3677.JPG

最後にマグをサウンドホールにセットして完了!
IMG_3681.JPG

弦を張った後の、ブリッジプレートはこんな感じ!
IMG_3680.JPG

肝心のサウンドだが、T-903も十分良い音を出していたが、そこにピエゾも加わり、更に厚みを増した感じである。
3つのバランスは個人の好みだろうが、私は、マグ:50 マイク:100 ピエゾ:50 が取敢えず気に入ったので、これをベースにしていこう!

マグのボリュームは、マスターVolumeも兼ねてるので、マイクとピエゾのバランスを最初に決めて、その後に、マグ(全体)を加えていき、好みの調節をするのが良いようだw

取敢えず、サウンドチェック録音してみたw


今夜、早速ツイキャスでサウンド披露しましたが、ネットでも良い音だと、評判はGOODでした^o^
気になる方は、是非お早めにお試しあれ!
posted by Aldonet at 22:47| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする