2015年09月23日

親爺の工作

アラカン親爺が、何を血迷ったか、人生初のはんだ付けに挑戦!

これまで、ギター用のシールドとかパッチケーブルは、購入するか、ギタ友に製作して貰って、自分では一切タッチしてこなかった。
まっ、やろうとも思ってなかったし、出来るとも思ってなかったのだが.......

そんな親爺が、何を血迷ったか、はんだセットを購入した。
IMG_3740.JPG

ピックアップに、SunriseのS-2を使ってるのだが、ヤフオクでGETしたものは、通常仕様のミニプラグ接続で、ギター側の端子はRCAプラグ。
横着モノの親爺は、変換プラグで凌ごうとAmazonで購入したが、それが接続不良で使えない。
別の変換プラグの購入も考えたが、この際、はんだ付けを自分でしてみよか! と思ってしまったのだ。

工作名人の仙台のギタ友にアドバイスを乞い、そして、You tubeではんだ付け関連のビデオを見て、取敢えずの流れは理解出来たので、初挑戦に臨んだ。

ゆっくりと、やってみたけど、意外と溶け始めるとずずずずっと溶けるので、数秒で終了したが、俗に言うてんこ盛り状態。
IMG_3741.JPG

取敢えず、通電チェックしたところOK! まっ、初めてやからこれでええやろ! として完了^o^
当然ながら、外観からは全く問題見えず、完璧!(笑)
IMG_3742.JPG

ギターにセットして、ミニプラグ→RCAピンへの変換(はんだ付け)初体験は終了。
IMG_3744.JPG

次の機会は不明だが、自分でちょこっと修理出来るのは、外部に修理依頼せずに済むので、時間的にも費用的にも意外と助かるもんだと分かった。
posted by Aldonet at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: