2014年07月13日

Right Here Waiting

Aki MiyoshiさんのCover Album "Easy to Use"の収載曲です。
Richard Marxさんの曲らしいのですが、初めて知りました。
採譜は、いつもの浪速の耳コピ師 Nさん(深謝!)



割と早く楽譜を見ながら弾けるようになったのですが、暗譜が出来なかった。
似たようなフレーズなのですが、微妙に違うので、弾いてるうちに、「あれれ。。。 どこ?」という感じw
今回もCD通りでは無いと思います。
チューニングはレギュラー5 CapoがOriginalですが、半音下げです。

弾くのに一所懸命で、抑揚が付けられてませんが、待ってると陽が暮れてしまいますので......
もう一曲、Now and Foreverにもチャレンジ中。。。。。。。

17:36 何とかUP完了^o^


posted by Aldonet at 13:11| Comment(2) | 演奏動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵な演奏、素晴らしいサウンドありがとうございます。

furuyaの音、美しい(^O^)/
ちょっと巻弦がタイトに聞こえたのは弦のせいでしょうか

最近、新曲を覚える気力が出なくて完全に沈没状態です^^
Posted by ササン at 2014年07月19日 14:01
ササンさん、

いつもコメント有難うございます。
弦は、DM Helixですので、その影響かもしれませんが。。。。

また、FURUYA君、低音の出方が半端ないので、MIcMixingで低音をかなり抑えましたので、そのあたりも。。。。。

ですが、私的にはそこまで微妙な違いは認識出来てません。。。。ペコリ^o^
Posted by アル at 2014年07月20日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。